blog
2020-05-29 | blog

タウシュベツ川橋梁ツアー(2017年)

北海道に生まれ育ったからといえ、よほどの旅好きか運転好きでない限り、道内を隈なく歩き回れる道民はそんなにいないのが現実。むしろ転勤で北海道にいらした方のほうが、道内各地の名所を訪れいているんじゃないかと個人的に思います。このタウシュベツ川橋梁も、家人の帯広赴任がなければ名前すら知る事もなかったかも。


こちらはざっくり言うと、タウシュベツ川に架けられた鉄道路線が、ダム湖建設のため切り離され、季節で変動する湖の水位によって沈んだり浮かび上がったりするコンクリート橋ですね。で、長年の風雪で老朽化も激しく、いつ崩れるか、まだ大丈夫か、もう見られなくなるのでは…と言われながらも耐えています。
2001年に第1回目の北海道遺産に選定されてます。

で、実際に観に行くには車が乗り入れできない場所なので、NPO法人ひがし大雪自然ガイドセンターさんの有料ツアーで行くのが手っ取り早いです。
ちなみにガイドセンターの最寄り駅はJR帯広。そこからバスで約1時間40分。
道外からは帯広空港が最寄りです。そこから帯広駅はバスで約40分です。

タウシュベツ川橋に向かう道無き道

センターで受付をして、各自に熊よけの鈴を渡され(道中「ヒグマに注意」の看板あり)揃いの黄色い長靴を履き、ガイドさんに連れられて道無き道を歩きます。
季節は晩秋。道はぬかるみ、風も冷たくて、上着の上にウルトラライトダウンを羽織ってちょうど良い感じ。道外からきた若者3人組の薄着姿が気の毒になるくらい。

で、どんどん進む中、私一人、トラップにハマるのですよ。
この苔生した倒木の一部に。

茶色くなった落葉と緑のコントラストに釘付け。
苔の葉のミニチュア感に心踊ります。
実際はただスマホカメラを向けているおばちゃんの姿があるだけですが。

構図とか全く気にせず、ぐいぐい寄ってスマホでパチリ。にわか苔女(笑)
気づくと、かなり置いていかれたので慌てて追いかけます。

着きました〜。生憎の曇天なのであまり映えません。
結構ボロボロなのが遠くからでもわかる状態。廃墟感漂います。

ガイドさん曰く、夏場は水が引いているので、湖底に木の根がゴロゴロ転がってるのが見えるとか。そしてそんな風景が原始時代っぽくみえるとかでカップ麺のCMロケ地になった小ネタも教えてくれました。(ネットで探したけれど、見つからなかった…)

近くに寄るとこんな感じ。コンクリート橋といっても、当時は突貫工事だったらしいので、石をコンクリートで固めたって感じですね。この上を機関車が走っていたというのが凄い。

遠くから全景をば。
ふいに昔行ったネス湖の土産物屋で見つけたネッシーのオブジェ(水面からポコポコ見えるシルエットを模した陶器のセット、「ネッシー、土産」で検索して)が頭に浮かぶ。当時もこんな天候だった気が。

メインイベントの橋梁見学の次は、かつて路線が走っていた駅の跡地へ。
とても素敵なサビ感のある廃線路がありました。

幌加駅。
この更地は駅舎があった場所。かつてはこの周辺にお店や集落があり、そこそこの賑わいがあったそうですが、いまはそのような面影は全くありません。
でも手入れが行き届いているから、荒れてはいません。
レールとホームは残っています。駅名標は新しく作り直した模様。
ポイントの切り替え体験もしました。

見学はここまで。
帰りは車に揺られながら、窓越しに、立ち入れない他のコンクリートアーチ橋を眺めます。栄えていた当時、汽車が通っていない時間帯には、この橋の上を人人が往来していた(さらに通行中に汽車が通るときには避難梯子に待機した)という話を聞き、高所恐怖症としては想像して気が遠くなりました。無茶しすぎ!
よくぞご無事で…。

観光シーズンからは外れた時期だったので、少人数でゆっくり回れ、鉄錆も堪能できました。
3年前の時点で「もう見納めかも」という新聞記事がセンターに貼られていましたが、その後も友人が見てきたよ〜とSNSにアップしてるのを見かけていますので、コロナ禍後でもまだチャンスはあるかと思います。
機会があればいってみるのも一興かと。
個人的にも、夏の風景は見たいところですが、私の中途半端な行動力ではいつ実現するかは怪しいところです。

2020-05-10 | blog

にゃんこ。

今となっては、除雪の時くらいしか雪と戯れる事のない私ですが、小さな頃は手足が冷たくなるのも厭わず雪遊びに興じていた時代がありました。
その当時の写真の中に、野良にゃんこに擦り寄られてメロメロになっている幼少時の自分の姿が。
思えばそれが初めて猫という存在に身悶えた一番古い記憶。

次ににゃんこが欲しくてたまらなくなったのは、小学生のとき。友人の家に生まれた子猫を抱きかかえたときの、あのなんとも言えない小さなもふもふした生き物が、腕の中で小さく息をする姿に「うぉぉぉ〜」と声にならない愛おしさが溢れ出たのでした。とはいえ、当時住んでいた家は当然ながらペット禁止。(いや、でも金魚とかグッピーとかは飼っていたなあ)

それからずうっと長い時を経て、ようやく迎え入れたのは、結婚後まもなくの事。旦那さんの実家で飼っていた猫が産んだキジトラの男の子を貰い受けました。名前はわらび。嬉しくて嬉しくて、自分の実家やキャンプにも連れて行ったりと、猫可愛がりMAXでした(笑)
でも、その後、つわりで私が体調を崩した折に実家に預けたタイミングと、去勢前の盛りがついた時期が重なり、あっという間に家出をされてそれきりとなりました。泣いたなぁ。ヤマダ家、初代にゃんこの悲しい思い出。

それからしばらくは人間の赤ちゃんを育てながらの毎日で、にゃんこどころの話ではなく。(御多分に洩れず会社勤めと家庭の両立に悩んだり、独立したりのてんやわんやはまた別のお話。)そんなある日、ひっさびさに猫欲しい度がグッと上がったのは、朝の数分間、テレビで流れた猫のミニアニメ(チーズスイートホーム)がきっかけでした。家族全員の”ねこ欲しい!”モードが炸裂!

そうなるとまたタイミングよく、産まれたばかりの女の子ねこを迎えることができました。この子が写真のハチワレにゃんこ。名前はアニメからもらってチーと名付けたつもりでしたが、のちに娘が「チーの本名は”ちくわ”」だと説明してくれました(それ、お前の好物じゃんw)

あれから10年。子供の頃のように活発ではなくなったけれど、家族全員のスマホの写真フォルダの大半を占める被写体です。人見知りが激しく、超ビビリな故、お仲間を増やすのは難しいけれど、私のにゃんこ充足度をたぷたぷに満たし、ついでにインスタのいいねも増やしてくれる素晴らしき存在です。

2020-05-08 | blog

一念発起。

先日、数年ぶりに携帯の機種変更をしました。
その際、インスタにアップすることもせずに、これまで撮り溜めてほったらかしにしていた写真フォルダを覗いたら、記憶の彼方にわずかに残っていたあれやこれやが愛おしくなりました。

逆に、思い出一杯の旅先で、沢山撮っていたような気がしていたのに、実際はしょぼい枚数しかない現地の写真とか。
ここ最近、老人力がグングン上がってきたので、将来色々記憶を無くしてしまうであろう自分のために、楽しかった日々を、人様にも見せられる範囲で残すことにします。

日記はまともに続けられたことがないので、この新型コロナ禍という、将来歴史の教科書に載るであろう大きな渦の中、時間を持て余しているうちに(時系列はてんでバラバラになるけれど)少しずつでも記録しておこうと思います。

このブログを見つけてくれた方、どうぞゆるりとお付き合いください。

yamadama*



2018-03-09 | blog

3/9〜3/11 東日本大震災復興支援チャリティ

<2017年開催時の写真です>

ヤマダが所属しているクリエーターチーム、
クリエーター集団 フラーレン主催による東日本大震災のチャリティイベントが
3/9-3/11の3日間、東京都中野区の新井薬師そばの古民家写真スタジオ
「昭和な家」(東京都中野区上高田3-37-9)にて開催されます。

Fbイベントページでも詳細をアップしています。
https://www.facebook.com/events/732091060329268/

震災直後に有志で立ち上げたこのイベント。足掛け7年、通算12回目になります。
立ち上げ当初はみんな揃ってどこかでイベントをやるというのではなく
それぞれが得意とするジャンルの作品を持ち寄り、
ネットショップを構築して販売した売り上げを
義援金として日本赤十字社に送りました。

持ち寄ってネット販売といっても、当時都内では計画停電が行われていたり
被災地を中心に配送できない地域が多々あったり、
メンバーが皆近くに住んでいた訳でもなかったり(私は北海道だし)
義援金詐欺も横行していて、信用問題はどうする?とか
商品の送料はどのように処理する?
窓口は誰がやる?などの問題も多く、皆仕事を抱える合間に
ネットのグループ掲示板(当時はmixiでした)で深夜まで意見交換と
役割分担、進捗状況などを報告していました。

覚えているのは、本来なら春の卒業、入学の華やかなシーズンに
辛く悲しい現実があって、被災地以外の地方も、あれこれと自粛ムードが高まり
重苦しい空気の中、何かできないかと気を揉んでいる面々で、
せめて子供達には春のワクワクを少しでも感じて欲しいと、
新入学シーズンに使えるものを中心に商品を揃えて一気に作業した事。

いま、当時の掲示板を見返して、よくもまぁ、あんな短期間に
あれだけの作業をして商品完売までこぎつけたなぁ…としみじみしてしまいました。
(本業の合間に、この作業の他、別のボランティア作業までやってる人もいたりして)

それから、色々工夫して、チャリティのやり方や募金先を選定し直したり
チームメンバーも新たな拠点を構えたり、立場が変わったりと変遷を重ね、
ここ数年は昭和な家でイベント、ネット販売サイトNoued(ヌー)での
チャリティ販売を続けています。
※現在フラーレンではみちのく未来基金さんに募金しております。
東日本大震災で親をなくした子どもたちが高校卒業後に、大学・短大・専門学校へ
進学するとき、学費の全額(年間上限300万円)を返済不要で支援している基金です。

しかし、またここにきて「昭和な家」の建物も取り壊しが決まったり
Nouedの運営体制もカート更新時期と合わせ見直しも必要となってきましたので
現在の体制でのチャリティは一旦終了となります。

チェリティ自体は今後もフラーレンの活動の一環として続けて行きますので
新しい動きが決まり次第ご報告いたします。

そんな思いもあり、今回のチャリティには、1回目のチャリティ販売に出品した
トートバックのマイナーチェンジ版を販売させていただきます。
残念ながら私自身は都合により会場入りできないのですが、気持ちはたっぷり込めております。

きっと3/11当日は、日本のあちこちで
同じような思いを持った方達のイベントが開催されると思います。
こちらのチャリティに興味を持っていただければ何よりではありますが、
そうでなくても、お近くで開催されている信頼のおける募金(義援金)先へ
思いを届けていただければ嬉しいです。

2018-02-27 | blog

リニューアルしました。

独立してはや15年ほど立ちました。
当初は張り切って自分のサイトを作っていましたが、気がつけば長いこと放置しておりました。
その間のwebの世界の進化の早いこと…!
今ではSNSが主流となっていますが、流行り廃りはめまぐるしいので
自分の記録はひっそりとでも固定で残しておこうと思います。

どうぞゆるくお付き合いくださいませ。